悪魔図鑑

ウコバク
ウコバク 地獄の釜戸番ウコバク 人間が寝ている間に厨房に入り込み、勝手に料理を美味しくしてしまう下級悪魔。 メフィストの使い魔で、忠実に仕事をこなす悪魔なのだが 燐と雪男が、ウコバクのテリトリーである厨房を勝手に使ったために、へそを曲げ
不浄王の右目,ふじょうおうのみぎめ
不浄王の右目 (ふじょうおうのみぎめ) "腐の王"アスタロトの眷属。 江戸後期の日本で猛威を振るった、通称"不浄王"の"右目"と呼ばれる物体。 "特別危険悪魔部位"として十年前から正十字騎士團京都出張所"深部"で封印されていた。
不浄王の左目(ふじょうおうのひだりめ)
不浄王の左目 (ふじょうおうのひだりめ) "腐の王"アスタロトの眷属。 江戸後期の日本で猛威を振るった、通称"不浄王"の"左目"と呼ばれる物体。 "特別危険悪魔部位"として長い間、正十字騎士團日本支部"最深部"で封印されていた。
魔剣(まけん)
魔剣 (まけん) 悪魔が憑依した剣のことで、普通の剣とは違って特殊な能力を持つ。 間違って持ち主になってしまうと、呪い殺されるケースも。 使用するには使い魔と同じで契約(取引)し、正式な持ち主となる必要がある。
蛇(ナーガ)
蛇 (ナーガ) 下級~中級 "地の王"アマイモンの眷属。 蛇類に憑依する悪魔。 世界中に様々な種族が存在し、邪なものも多いが、日本では比較的人間に益をもたらす神として祀られる。 長く生きるものは蛇王(ナーガラジャ)といって、蛇
化燈籠(ペグランタン)
化燈籠 (ペグランタン) 下級~中級 "火の王"イブリースの眷属。 人の作った照明器具に憑依し、火を点すことで活動能力を得る悪魔。 世界各国で様々な種類が存在する。
虫豸(チューチ)
虫豸 (チューチ) 下級 "蟲の王"ベルゼブブの眷属。 小さな虫類に憑依する悪魔。 集団で動物に群がって吸血したり、死体の肉を食らう。
アマイモン
甘毳 (アマイモン) 上級~ "地の王"を冠する虚無界(ゲヘナ)の権力者の一人。 大地にまつわる悪魔たちを統べる首領。 呼称は時代や国、信仰によって千差万別にあり、神として崇める地境も存在する。 現在は、人間の男性の身体に憑依
屍番犬(ナベリウス)
屍番犬 (ナベリウス) 中級 "腐の王"アスタロトの眷属。 古代の人々が複数の屍(グール)を繋ぎ合わせて、対・悪魔戦闘用に人為的に造り出した悪魔。 現在は人が飼育しきれなくなったものが、野生(?)化してしまっているケースが多く、今では
猫又(ケット・シー)
猫又 (ケット・シー) 下級~上級 世界中に存在する猫に憑依する悪魔。 日本のものは長く生きた個体の尾が二又に分かれているのが特徴。 神使とは異なるが、古いものは頭が良く、人と契約を交わして共存しているものや、何百年にも渡って、人の家を転
| 1 | 2 | … 最後 次ページ >>